トップページ > スタッフコラム > リノメゾン > 暮らしやすい、おうち選び – 中編 –

スタッフコラム

2018.09.23

暮らしやすい、おうち選び – 中編 –


前回の「暮らしやすい、おうち選び – 前編 – 」では、より暮らしやすい家選びの条件として5つのポイントがあることをお伝えしました。
そのうちの、陽当たり・風通し、防犯・防災の2つのポイントについては前編でご紹介したので、
今回の中編では、設備のポイントについてご紹介していきたいと思います。


●設備(炊事・掃除、入浴など生活全般における快適性をチェック)

設備では、炊事・掃除を手助けするもの、入浴に関するもの、生活を便利にするものなど快適に過ごすために様々な設備が整っています。
最近の新築一戸建て住宅や新築マンションの設備には以下の設備の設置が多くあります。
また、中古マンションや中古戸建の物件で必要な設備がついていない場合は、リフォームでも取り付けられる設備もあるので、
共働きで忙しいご家庭の方や、少しでも快適に暮らしたい方は積極的に取り入れるのをお勧めします。
(ただし、取り付けられない設備もあるので、ご希望の方は事前に確認することをお勧めします。)

(1)快適な生活のための設備

・床暖房
床暖房は付いていることが多い設備です。
床を加温することで床から直接伝わる熱(伝道熱)と床から部屋全体に広がる熱(ふく射熱)の組み合わせで暖める設備です。
足元から熱が広がるため、室温がそれほど高くなくても暖かさを感じる暖房です。

・24時間換気システム
24時間換気システムはファンを使って室内の空気の入れ換えを計画的に行い、常に新鮮な空気を維持をしてくれるシステムです。
最近の住宅は気密性が向上しており、シックハウス対策のため2003年に建築基準法が改正され、24時間換気システムの設置が義務付けされました。

・シャッター雨戸
窓を開けずにシャッターで上下に開閉する雨戸のこと。
庇(ひさし)を兼ねた窓上部にシャッターを巻き上げて収納するため、従来式の戸袋が不要で外観がすっきりとして見えます。
電動式と手動式があり、またシャッターを閉めても採光・通風が可能なブラインドタイプのものもあります。

・ペアガラス
複数枚の板ガラスを重ねた窓ガラスのこと。
ガラスの間には乾燥空気やアルゴンガスを封入するものや、真空状態にしているものなどで断熱性を高めています。
結露防止、カビ防止効果や防音効果があるものもあります。

・スマート・ドア(電子錠・電気錠)
カギを遠隔操作できるように、電気的に施解錠をする機構を組み込んだ鍵で、 錠を設置したドアとオンラインで結ばれた操作盤のボタンを押し、
電気錠を作動させます。
非接触式、カード式、テンキー式、リモコン式で鍵の開閉ができるので開錠が楽です。

・モニター付きドアホン
玄関の外にカメラがあり、訪問者の様子を室内からテレビモニターで確認することができます。
セールスや勧誘員などに対して居留守や門前払いができるため、犯罪抑止効果もあり安心です。
また、不在時の訪問者の様子も録画できる製品もあり、後から来訪者の確認ができます。
子機からもモニターできる製品もあり、親機以外の部屋からも来訪者への応対や確認ができるため便利です。

・小屋裏収納
屋根との間にできた空間を使用して収納するスペースです。
日常生活であまり使わないものの収納に向いています。


(2)炊事・掃除を助ける設備

・対面式、カウンターキッチン
キッチンに立って、ダイニングやリビングを見渡せるような作りとなっているキッチンのことを指します。
現在では、多くの住宅でこの形式のキッチンが採用されています。
リビング・ダイニング(LD)にいる家族に料理などを受け渡すことが出来ます。

・ビルトイン食器洗浄乾燥機
食器洗いから乾燥までを自動で行う設備機器をシステムキッチンに組み入れることによって、キッチンの上の作業台が広く使えるようになっています。
最近のタイプは洗浄力、節水、省エネ機能、静音化、食器の入れやすさが向上しており、非常に便利です。

・ディスポーザー
ディスポーザーは新築のマンションの標準的な設備となっており、生ごみを粉砕して下水に流す設備のことを言います。
生ごみが出た段階で処理できるため、ゴミから出る臭気が発生しません。

・IHクッキングヒーター
電力により加熱を行うので、燃焼せずに調理できます。
そのため、室内の空気を汚さず、直火を出さないため安全性が高いなどのメリットがあります。
調理後にはプレートを拭くだけで手入れが可能なため、掃除が簡単です。
ただし、素材の表面だけを焼いたり、炙ったりなどができないため、直火を使用する料理には不向きです。


ここまで、設備に関する「暮らしやすい、おうち選び」の条件をみてきました。
次回は、間取り、収納について見るべきポイントをお伝えします。

ページの先頭へ

Copyright (C) リノメゾン, All Rights Reserved.