トップページ > スタッフコラム > リノメゾン > 自分史上最高の間取りを選ぶ! – 2 –

スタッフコラム

2019.05.16

自分史上最高の間取りを選ぶ! – 2 –


おうち探しをする際に、気になってしまう価格・立地・学校区などたくさんあることと思います。

そのなかでも、間取り選びは購入後の生活を送るうえで、とても重要なポイントの1つと言えます。

そこで、前回は間取り選びのコツの共通項目についてご紹介しました。

今回は、家族構成ごとに異なるオススメの間取り選びについてお伝えしていきます。

 

●家族構成別、オススメ間取り

ここでは、家族構成別にお勧めする間取りをお伝えします。
ファミリーなのか、1人暮らしなのか、など家族構成・その家に住む人数によって、お勧めの
間取りは変わってきます。
それぞれのポイントを踏まえながら、お勧めの間取りを確認しましょう。


〇ファミリー向けの間取り

 最近人気のある間取りのなかにお勧めの間取りがあります。
 それは、リビング・ダイニング・キッチン(LDK)を1つの開放的な空間とする間取りです。
 壁や柱を取り除き、開放的な空間にすることによって、家族のコミュニケーションが密になりやすく
 なります。
 キッチンは、対面キッチンがお勧めです。
 この形を選ぶと、お子さまの様子を見ながら動けるというメリットがあります。

 特に戸建では、LDKの中に階段を配置することによって、家族が顔を合わせやすくなるという
 メリットがあります。
 自然と顔を合わせる機会が増えると、家族がそれぞれの仕事や学校などで、忙しく生活ペースが
 異なる時期になったとしても、コミュニケーションが生まれやすくなることがポイントです。


〇夫婦・カップル、2人暮らし向けの間取り

 夫婦・カップル、2人が生活する家を購入する際は、無駄を省きコンパクトな間取りにすると、
 効率的な動きになるため、シンプルな生活を送ることができます。
 
 寝室を大きくするよりもリビングに重きを置くことをお勧めします。
 来客時にもリビングが広いとくつろぎやすく、また、普段の休日も2人で過ごす際にゆっくり
 できるでしょう。
 
 他にも、ウォークインクローゼットがあれば他の部屋をすっきりと見せることができ、お掃除も
 手軽なため、家事の負担を減らすことができます。

 DINKSなど共働きの2人暮らしには、対面キッチン・ダイニングカウンターのセットをお勧めします。
 配膳がしやすいため時短につながること、料理中でも会話ができたりなどコミュニケーションを
 取りやすいこと、この2つがお勧め理由です。

 また、車いすが通りやすいように玄関や廊下の幅を広くとっているバリアフリーを意識した間取り
 にすると、老後を考えた場合に安心して暮らせるでしょう。


〇1人暮らし向けの間取り

 近年、生活スタイル・意識の変化から、独身の1人暮らしでも家を購入する方が増えています。
 1人暮らしの方で家を購入する際、確認すべきことは何でしょうか。
 それは、生活スタイルに合った間取り・機能のある家を選ぶことです。

 例えば、仕事が忙しい方は、家事動線が短いものを選んだり、趣味が生きがいの方は趣味に没頭
 する趣味専用部屋を用意できる家を選んだり。
 また、癒しが欲しい・お風呂好きな方は、広いバスルームがある家を選ぶのもお勧めです。

 間取りとしては、1LDKや1DKが良いでしょう。
 自分の寝室の他にゲストルームを用意しておくと、家族や友人・知人を招いた際にも便利です。
 また、2LDKや2DKのリビング横に1部屋ある間取りを選ぶと、普段は扉を開放してリビングと一体で
 使ったり、来客時にはゲストルームとして利用したり、扉を閉めることで物をササっと隠したり
 することができ、柔軟に使えるのでお勧めです。


●まとめ

今回は、家を購入する際に気になる、間取り選びのコツと家族構成別・オススメ間取りについて
お伝えしました。

間取り選びにおいて共通することは、「家事動線の短さ」「収納スペースが適切な場所に適量あるか」
というポイントでした。

また、家族構成ごとにオススメ間取りが異なりますが、大きなポイントとしては1つです。

それは、事前に「どういった暮らしを送りたいのか」という理想を考えることです。

理想を基に、本当にこの間取りが実現できるのか生活をシミュレーションしましょう。

そうすることで、間取り・家選びのミスマッチを防ぎ「買ってよかった♪」と思える可能性が高く
なります。

これらのポイント・コツを踏まえて、自分史上最高の間取りを選びましょう。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ページの先頭へ

Copyright (C) リノメゾン, All Rights Reserved.