トップページ > スタッフコラム > リノメゾン > 間取り図って? – 基礎知識 –

スタッフコラム

2018.12.08

間取り図って? – 基礎知識 –


マンションや戸建の物件を調べていると、よく目にする「4SDK」や「2LDK」などの間取りの表記。
なんとなくわかるけど、よくわからない…という方も多いと思います。
この表記のそれぞれの意味について、今回は一緒に確認していきましょう。

まず始めに、基本的な表記について説明します。


・最初の数字

 これは、部屋の数を表します。
 ただし、建築基準法に定められている採光や換気の基準を満たしていない納戸や収納スペースなどは
 含まれません。

・L リビングルーム

 居間を指し示します。

・D ダイニングルーム

 食事をする場所を指し示します。

・K キッチン

 その名のとおりキッチン、台所を指し示します。

・CL クローゼット

収納棚を指し示します。

・WCL ウォークインクローゼット

広く、中を歩けるほどサイズの収納棚を指し示します。

・N 納戸

収納用の部屋、または、建築基準法に定められている採光や換気の基準を満たしていない部屋を指し示
 します。

・DEN デン

趣味を楽しむための部屋を指し示します。(例:書斎etc..)

・S サービスルーム

物置やフリースペースとしての用途で使用する部屋を指し、WCL、N、DENなどにこの表記が使われる
 場合があります。
 また、採光や換気などが建築基準法の基準を満たしていない部屋を指し示すこともあります。

・UT ユーティリティ

 主に浴室と隣接する洗濯機置き場や化粧洗面台などを指し示すことが多い表記です。

・UB ユニットバス
 
 防水性の高い素材を使用し、天井・浴槽・床・壁などを成型した浴室を指し示します。
 近年の賃貸物件で採用されていることがあります。

・R ルーム
 イレギュラーなケースとして「1R(ワンルーム)」という間取りがあります。
 これは、文字通り1つの部屋しかない間取りのことを指し示しています。
 キッチンも部屋の中に備え付けられており、もっともコンパクトな間取りです。
 特に、賃貸物件や、投資物件に多く見られます。

 

基本的な表記は、上記のような意味となっています。
次回は、実際に間取り図を確認しながら、間取り表記の意味・見方についてお伝えします。

ページの先頭へ

Copyright (C) リノメゾン, All Rights Reserved.